2010年05月20日

<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は16日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府が月内に閣議了解する予定の対処方針に関し、県内移設が含まれる場合は閣議了解に応じない考えを示した。視察先の宮崎市内で記者団に語った。平野博文官房長官らは「閣議了解」をすることで、鳩山由紀夫首相が掲げた「5月末決着」に一定の形を付けようとしているが、福島氏の発言はこうした思惑に異議を唱えるものだ。

 福島氏は記者団から閣議了解に応じないのか、と問われ「はい。その通りです。沖縄を見捨ててはならないというのが社民党の考え方。新たな負担を強いることはできない」と述べた。

 これに対し北沢俊美防衛相は同日、長野市内で記者団に「大局的には同意していただかないと困る。中身が提示されて断っているのではなく、自分たちの主張を前倒ししてけん制しているという政治的な発言という色合いが濃い」と指摘した。

 政府方針は沖縄県名護市辺野古周辺に、くい打ち桟橋(QIP)方式などで代替施設を造り、鹿児島県徳之島に部隊か訓練の一部を移転する案を軸にしている。【小原擁、仙石恭】

【関連ニュース】
普天間移設:「人間の鎖」1万7000人 沖縄
普天間移設:鳩山首相、審議官級協議者から報告
普天間:官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」
普天間移設:「改めて県外」沖縄知事、鳩山首相に要求
普天間移設:平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問

<殺人>65歳の男女2人刺され死亡 京都・長岡京市の路上(毎日新聞)
高速道の新割引 6月断念を表明 国交相(産経新聞)
「もんじゅ」驚くべき作業ミス 制御棒の操作方法知らなかった(J-CASTニュース)
<バナナ>寒さと台風で3カ月遅れの収穫(毎日新聞)
貿易代行会社社長ら逮捕=ハイエース盗難事件―兵庫県警(時事通信)
posted by イワサ マツオ at 01:05| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。