2010年04月17日

米大使、実務者協議に難色=開始のめど立たず−普天間(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で米側が、現行計画に代わる日本側の移設案に問題があるとして、日本との実務者協議入りに難色を示していることが10日、分かった。ルース駐日米大使が岡田克也外相と9日に会談した際、こうした考えを伝えた。協議の開始のめどは立っておらず、鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの決着を危ぶむ声がさらに強まりそうだ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<ネット利用>子どもが初めて持つネット機器は「ゲーム機」(毎日新聞)
西部ガス発砲、組事務所など捜索…福岡県警(読売新聞)
国会公務員法改正案が実質審議入り(産経新聞)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
posted by イワサ マツオ at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。