2010年05月12日

首相はリーダーとして落第 松沢知事が猛烈批判(産経新聞)

 神奈川県の松沢成文知事は6日の定例記者会見で、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐる鳩山由紀夫首相の対応について「全く評価していない。安全保障や基地問題に対する認識の欠如、戦略のなさは、国のトップリーダーとして落第と言わざるを得ない」と批判した。

 首相が4日の沖縄訪問中に「学べば学ぶにつけて、海兵隊のみならず沖縄の米軍が連携して抑止力を維持していると分かった」と述べたことに対し、知事は「安全保障の認識がなかったことを告白したようなもの。怒りすら覚える」と指摘。「県外と言っておきながら沖縄に戻すのは、沖縄県民が怒って当然。重大な公約違反だ」とした。

 松沢知事は、米軍基地などを抱える都道県による渉外関係主要都道県知事連絡協議会会長を務めている。

【関連記事】
首相の「努力目標」発言は詭弁 大島氏が批判
鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」
鳩山首相、塗料かけられた祖父の墓にお参り 現場を確認
普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」
県内移設の政治責任重い 志位氏がNYで首相批判
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

首相動静(5月9日)(時事通信)
<雑記帳>銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
<掘り出しニュース>みうらじゅん、町田署の「ゆるキャラ」デザイン その名も「マチるダ」(毎日新聞)
もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
<橋下知事>街頭演説で大阪都構想…「市役所と府庁は解体」(毎日新聞)
posted by イワサ マツオ at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

元福岡市職員ら聴取=ロボット施設めぐる詐欺容疑−県警(時事通信)

 福岡市のロボット研究・啓発施設「ロボスクエア」(同市早良区)をめぐり、担当だった元同市経済振興局職員らが運営資金をだまし取った疑いが強まり、福岡県警捜査2課などは26日、詐欺容疑で、元職員らの事情聴取を始めた。容疑が固まり次第逮捕する方針。
 ロボスクエアは2002年に同市で開催されたロボットの祭典「ロボカップ福岡・釜山大会」を機に開設された。副市長ら市幹部と学者計5人からなる運営委員会が予算や運営方針を決定し、予算のほぼ全額に当たる1億数千万円を市が毎年支出している。
 市や捜査関係者によると、元職員は03〜07年度に運営委の事務局を1人で担当していたが、経費を水増し請求するなどして詐取した疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
還付金詐欺容疑で3人逮捕=80人から7000万超か
大阪の中小企業の技が集結=日本産業館の壁上りロボット
日本館初公開、評価いまひとつ=上海万博、開幕まで1週間
詐欺容疑、社長ら再逮捕=石油事業出資事件
振り込め詐欺未遂容疑で3人逮捕=同じ業者名で100件以上か

<対戦車用ミサイル>土手に誤発射 爆発はせず 群馬・高崎(毎日新聞)
<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)
大宮盆栽美術館 トラブル続きで注目?入館者数は順調(毎日新聞)
自民、東京で2人目擁立(産経新聞)
大極殿 平城宮跡に復元 皇太子さま出席し式典(毎日新聞)
posted by イワサ マツオ at 00:21| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け(産経新聞)

 大阪人の鍋の定番はやっぱりコンブだしの水炊き−。大阪21世紀協会(大阪市中央区)が、府内在住者を対象に家庭での鍋料理についてアンケートしたところ、こんな結果が出た。6割以上が定番を「水炊き」と回答。8割余りがコンブからだしを取っており、カツオだしで味がついた鍋が主流とされる関東との食文化の違いを改めってうかがわせた。

 同協会が、大阪の食ブランドの情報発信を目的にした小冊子「大阪鍋騒動」の編集にともない、府内在住の約100人を対象にインターネットなどで調査した。

 家庭料理の鍋料理の定番に関する質問(複数回答)では、「水炊き」が65%でトップ。「寄せ鍋」も62%で2位となったが、「ほんのりとしょうゆの風味がついた」ものが人気という。

 3位は「すき焼き」(52%)、4位は「しゃぶしゃぶ」(45%)で、代表的な大阪の鍋料理「ハリハリ鍋」(クジラ鍋)や「てっちり」(フグちり)は、家庭ではあまり作られていないようだ。

 このほか、「トマト鍋」「チーズ鍋」などを楽しんでいるという意見も多く、中には「オリーブオイルやタバスコを入れて食べる」という意見もあった。

 だしでは「コンブ」が82%で、「既製のダシしょうゆ」(33%)、「カツオ」(29%)などを大きく引き離した。味付け調味料では、75%が「ポン酢」と回答。シンプルなコンブだしと、ポン酢の組み合わせた鍋を好む大阪人の嗜好(しこう)をうかがわせた。

 「大阪鍋騒動」では、アンケートのほか、こうした東西の食文化の違いや、大阪発祥や大阪名物の鍋料理店、「名シェフの絶品闇鍋」などを紹介している。A5判、24ページで5千部を発行。協会事務所などで限定配布している。問い合わせは大阪21世紀協会((電)06・6942・2004)。

【関連記事】
お鍋のトレンド「締め」に異変 ブームで主役の座奪う勢い
神戸のグルメ店いくつ星 ミシュランガイド、秋に新刊
サークルKサンクス、全国ご当地グルメ弁当を8日から地域限定発売
譲れない主張?!オリ・岡田監督「すき焼きには、卵やろ」
流行B級グルメ、食文化の教育に 「油かす」絵本発売

「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり(産経新聞)
<英語指導助手>千葉県柏市で「偽装請負」認定 授業できず(毎日新聞)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)
息子夫婦刺した容疑、60歳父を現行犯逮捕(読売新聞)
posted by イワサ マツオ at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。